Loading...

笑生訪問看護ステーション メインロゴ

お電話でのお問い合わせは 03-5344-9838
お問い合わせフォームはこちら
Facebookページはこちら

代表メッセージ
Message

笑生訪問看護ステーション 代表 須藤博子

ご利用者様お一人おひとりには、必ずそれぞれの思いがある。
その思いを大切に、その人らしい生活をおくってほしい。

笑生訪問看護ステーション代表
須藤 博子

プロフィール

須藤 博子(すどう ひろこ) 看護師・所長
総合病院にて内科、小児科血液科外来等に勤務後、同病院の訪問看護の管理者として立ち上げから運営にかかわる。その後独立し、平成22年に笑生訪問看護ステーションを開設。現在、訪問看護事業所、居宅介護支援事業所、定期巡回随時対応型訪問介護看護事業を行う。

笑生の立ち上げへ

総合病院の訪問看護では、ご利用者様の診療や療養生活相談は当然のことながらすべて病院の管轄で行われます。その中で、ご利用者様が住み慣れた自宅で生き生きと安心した生活を送ってもらうには限界があるのではないか。もっと他業種・他事業所との連携を深め、お互いがお互いを支え合う「地域のつながり」が必要なのではないかと考えるようになっていきました。そして定年を機に、「これからは地域とともにご利用者様を見守っていこう」とステーションを立ち上げました。

須藤さんイメージ

訪問看護・介護に向ける想い

「ご利用者様お一人おひとりには、必ずそれぞれの思いがある。その思いを大切に、その人らしい生活をおくってほしい」訪問看護に携わりはじめて以来、ずっと私の中にある想いです。
難病や認知症の方など、自分の気持ちを上手く表現することが容易でない方々にも、必ず皆さんにはそれぞれの思いがあります。訪問看護ではご利用者様の疾患を看ることと同様に、ご利用者様の「生活」そのものを立て直し、支えていくことが大切です。ご利用者様の予後予測を考えるとともに、ご本人のご要望やその環境に配慮しながら、一緒に考え、行動していくこと。ご利用者様にとってより良く「生きる」こととは何か、お一人おひとりの思いに寄り添いながらも向き合うことが訪問看護であると思っています。
現在、私たちの生活においては、地域という単位の中で共に生きるという時代に入ってきています。看護・介護も例外ではありません。平成28年よりスタートした定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業は、従来の訪問介護と看護が一体となり、365日24時間体制で対応する地域密着型のサービスとなります。私たちが生活する杉並の地域の中で、連携を深めながらご利用者様を支え、より良い地域社会を形成していけることを目指していきたいと思っています。

メッセージ

これまでに2歳から108歳まで、末期の悪性腫瘍や難病など様々なご利用者様を訪問してきました。向き合い方もそれぞれです。お一人おひとりと真摯に向き合ってきているつもりでも、時には思うようにいかないこともあります。それでも訪問看護が好きという想いは変わりません。笑生で働くスタッフもみんな同じです。日々の業務の中で、学び成長し続けること、また自己を超えていこうとすることが大切なのではないかと思います。笑生訪問看護ステーションで私たちとともに成長していきましょう。
笑生訪問看護ステーション代表須藤博子サイン

© Shosei All Rights Reserved.